のぼりをたてる場合に

飲食店などでも、店の前にのぼりをたてている店は多いですよね。

どのような店なのかを知ってもらううえで、のぼりというのは重要なアイテムなのかもしれません。

もちろん飲食店以外でも、パチンコ屋や映画館など商業施設の前にはのぼりがたてられていることが多いですので、商売とのぼりというのは非常に深い関係なのではないでしょうか。

のぼりをたてておくことで、店の外からでも何の店なのかを認識することができますし、例えばチェーン店の場合で全店に同じのぼりをかかげている店なんかですと、少しはなれた場所からでも色だけで何の店か認識できたりもしますよね。

のぼりはいわば看板にも近い役割を果たしているのかもしれません。

のぼりは、何の店かを客に知らせるという大切な役割を担っているわけですが、のぼりをたてるうえで注意する点はどんなことなのでしょうか?

それはやはり、認識しやすいのぼりをつくるという点にあるかもしれませんね。

のぼりを静止した状態で見る機会というのはあまりなく、歩いていたり、自転車からだったり、車を運転しながらだったり、動いている状態で見ることがほとんどなのです。

ですから動いている状態でも認識しやすいのぼりづくりが重要なのではないでしょうか?

This entry was posted in 役割.